お知らせ

2020/07/01

ガサガサ肌の原因はクレンジング剤

あの美容家として著名な佐伯チズさんが亡くなられた。76歳。

 

 

 




昨年、大阪のビューティーワールドでチラッとお見かけした時も自分の力では立てずに左右、両方からスタッフに支えられて歩いておられた。

 

 

 




あの有名になった小話、「主人の遺骨を食べた」ほど愛しておられた旦那様と今頃は再び楽しく暮らしておられることだと思っている。

 

 

 




佐伯チズさんは確かエステーローダーだったか?外資系化粧品会社に勤務されていて私も何冊か彼女の本を読んだことがあった。

 

 

 




その中で口を酸っぱくして繰り返し言っておられたこと・・・「毎日のダブル洗顔で肌は良くならない」という内容だ。

 

 

 

 




クレンジング剤はおもに界面活性剤でできており毎日使い続けると肌細胞がタンパク変性を起こし、肌を守る角質層の表面がめくれ上がってしまう。これが洗顔後に生じるツッパリ感の原因だ。

 

 

 

 




皮脂膜がつくられにくくなり、皮脂、汗をエサにする常在菌もいなくなってしまう。

 

 

 




クレンジング剤、洗顔料の両方を使ってダブル洗顔をしていると、より強い乾燥を感じることになる。

 

 

 




例え、メイクが毛穴に残っていたとしても肌細胞は毎日、新しくつくられ、古いものははがれて落ちて行く。

 

 

メイクが肌の上に残っていても角栓とともに、やがて落ちるので毛穴が詰まることはない。




つづく




シミ、シワ、タルミ専門店
SOU創顔

ガサガサ肌の原因はクレンジング剤
ガサガサ肌の原因はクレンジング剤

2020/06/30

使い捨てマスクに注意

毎年、花粉シーズンになると肌荒れに関する相談、問い合わせが非常に増える。

 

 




殆どは「赤くなったりブツブツができる」というものだ。

 

 

 




花粉によるアレルギー反応と思っている人が多いのだけれど、花粉と肌の関係はあきらかになっていない。

 

 

直接の因果関係はなく、鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどの症状がストレスとなって肌のバリアが低下しているとも考えられる。

 

 




もう何年も前から私は花粉の時期に使い捨てマスクはやめて、布マスクをするように伝えている。するとガサついていた肌がしっとりしたままで過ごせるという人が多くなっている。

 

 

 




使い捨てマスクは殆どの製品に抗菌加工がほどこされているので素肌に長時間触れることで肌へのダメージは小さくない。

 

 

 




鼻をかむティッシュにも注意が必要だ。

 

 

製造過程で使われている化学薬品について明確な表示がないことが問題。




ティッシュの使用をやめたところ、毛穴の開きや赤みが改善した人は多くいる。

 

 

 




鼻をかむ時はペーパータオルをぬらして(軽く湿らせる程度)使う。

 

 







そして、どうしても使い捨てマスクを使わないといけない時は洗ったガーゼを内側にあてるように。




 

シミ、シワ、タルミ専門店
SOU創顔

使い捨てマスクに注意
使い捨てマスクに注意

2020/06/29

ニキビ用化粧品でニキビが増える?!

ニキビは肌の炎症そのもの。

 

 




炎症の原因を取り除けば、確実に改善できる。

 

 




特に原因となるのが殺菌効果の高いニキビ用化粧品の使用だ。

 

 

 




「過剰な皮脂を落とさなくては」と界面活性剤を含む洗顔フォーム、石鹸で洗顔するのも逆効果。

 

 

 




皮脂膜と常在菌の生成が妨げられて、肌を守る機能が低下してしまう。

 

 

 

その結果、炎症がますます進んでしまうこととなる。

 

 

 




ニキビを防ぐために・・・。

 

 

 




・厚塗りメイク、強い洗顔をやめる




ニキビを隠すためにファンデを厚塗りし、クレンジング剤で落としていると、界面活性剤の刺激で炎症が進んでしまう。




・何もつけずに寝る




基礎化粧品をつけて寝ると皮脂膜や常在菌の再生が妨げられる。さっぱりタイプの化粧品であっても使用を控える。




・洗剤、柔軟剤、抗菌剤に注意




衣類や寝具に柔軟剤や抗菌剤が残留しているとニキビが慢性化しやすくなる。

 

 

 




炎症を起こし赤く腫れたニキビは治った後まで跡が残りがち。

 

 

指先や器具でつぶした場合は特に跡が消えにくいので注意を。




シミ、シワ、タルミ専門店
SOU創顔

ニキビ用化粧品でニキビが増える?!
ニキビ用化粧品でニキビが増える?!

2020/06/28

毛穴の開き

先日、高3の孫がサロンに来て「なぁなぁ、まこさま(私のことを、こう呼ぶ)小鼻の毛穴が汚いんやけど、どうしたらいい?」

 

 







見るとblackヘッドが点々とあり、思わず「きったねぇ~鼻!!」

 

 

 




これくらいのお年頃は自分にしか興味がなく、暇さえあれば鏡を見ているし、女子力が上がってきて色々とうるさい。

 

 

 




「どうしたらいい?」の本音は「なんとかしてよ」なのだ。

 

 

 




面倒臭いのでDR.PURの#2を泡だて器で泡立てて、「はいっ!!これで鼻パックして」

 

 

 




他のお客様とお話が終わり、戻って来て顔を見るとビックリ!!

 

 

 




鼻パックを5分して洗い流し、2度目のパックも5分しただけなのに、blackヘッドはキレイに無くなり、ツヤピカの鼻に!!

 

 

 




孫いわく「すげ~~な!!これ!!」

 

 

 




しまった!!ビフォーアフターの写真を撮っておけばよかった・・・反省

 

 


シミ、シワ、タルミ専門店
SOU創顔

毛穴の開き
毛穴の開き

2020/06/27

石鹸

20代の子育て真っ最中の頃、ある日、突然の全身かゆいかゆい病になった。

 

 




経験した人ならわかるだろうけれど「かゆみ」はとてつもないストレスだ。

 

 




皮膚科を受診し薬を塗っても飲んでも効かず、また別の皮膚科を受診するという日々。

 

 







ここ桂近辺の皮膚科は全て受診して、もうここが最後だと思って受診した病院の医師がひとこと。

 

 

「石鹸をやめなさい」・・・・「えっ?石鹸を??」

 

 

 




「石鹸はクレンジングや洗顔フォームと同じ一次刺激性物質で、成分が肌に残留しやすいため、洗顔フォーム以上に刺激になることがあります」

 

 

 




その日から石鹸の使用をやめたら、あれほど全身が痒く、辛かった症状が翌日からピタッと止まった。

 

 

 




そしてその頃から私は一切石鹸を使っていない。

 

 

 




肌には自浄作用といって自ら浄化する働きを持ち合わせている。

 

 

それが石鹸を使うことで退化すると医師は言っていた。

 

 

 




30代の頃、東京で「スイス式アカスリ」の研修会があり参加者10名で2人一組になり相モデルでレッスンを受けた。

 

 

 




殆どの人が山盛りのアカが出たのに、全くアカが出なかったのは私1人。

 

 




今、コロナ騒動で手指消毒がうるさく言われているけれど、肌の自浄作用はどんどん失われ菌だらけの手になるのではと心配している自分がいる。

 

 

シミ、シワ、タルミ専門店
SOU創顔

石鹸
石鹸
  • ホットペッパー
  • フェイスブック
  • エキテン
  • インスタ
  • Line@